スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災  辛い現実

当たり前ですが、今回のニュースも少人数の被害報告からでした。

阪神淡路大震災同様、残念ながら被害規模報道は瞬く間に急激に増大してゆきました。
全国の建築士会有志でつくるメーリングリストでも被災地からはすぐには連絡がなく、
間をおいてから寄せられてきました。建築士らしい冷静で分析的な文面と共に、
「連絡がと取れない仲間がいる」という文面や「今は涙をこらえ動いています」
などが見られます。

関西はようやく春の兆しが感じられますが、被災地は厳冬であろうと思います。
大きな被災を受けた仙台の仲間は、福島の原発事故を気遣われています。

今は危機を乗り越える知力と現場力を結集する時と思いますが、今後原発についても
真剣な討議が必要と思います。

ドイツはこの事故で原発廃止に向けた動きが加速するようです。


議論を先送りしてきた課題が、胸元に突き付けられているような気持ちがします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。