スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人のピアニスト(辻井伸行・梯剛之)ー音が創る生命ー

辻井伸行君は2009年のヴァン・クライバーン国際音楽コンクールに優勝を果されたピアニストだ。コマーシャルをはじめメディアにはよく登場されているので、皆さんもご存知と思う。梯剛之君は、辻井君より11歳上のピアニストでこちらも演奏会やCDを多数出されている。お二人に共通なのは、10歳ころから神童振りを発揮され海外での演奏活動をされ現在は世界的に有名なピアニストとして活躍されていることである。

ピアニストに限らず世界を股にかけて活躍するアーティストは、国際コンクールでの入賞効果が大きい、ことに優勝の二文字は何にも代え難い威力を持つといわれている。そういう意味で辻井君の場合はまさに快挙であり、世間が大騒ぎするのもよく解る。

しかし、僕は梯君のピアノが大好きで、彼のモーツアルトはi-podで愛聴している。

初めて彼の音楽を聴いたときに感じたのは、とにかく音が喜びを身いっぱいに表しているところなのだ。モーツアルトのピアノ曲は、単音が多く、しかもそれが重要であるのだ。ということは、その音色が如何に大切かということだと思う。彼のモーツアルトはそういう意味で輝いている。子どものように素直な感性がピアノの音に出会って、その喜びをみなぎらせているように感じてやまない。多くのモーツアルト弾きといわれるピアニストの演奏がともすれば感情に流され、音色に無頓着に弾いてしまう速いパッセージを彼は、たやすく美しい音で慈しみしかも楽しんで弾いている。

梯君ファンの僕としては、いきなり有名になりメディアに頻繁に取り上げられた辻井君に一歩距離を置いていたというのが正直なところだ。

昨日、事務所近くのブックストアにあるCDショップで偶然に辻井君の試聴CDを見つけ、つい聞いてみた。

まず、ショパンリサイタルの舟歌を選んだ。水面に櫂をつけるような少し重厚だが、澄んだ和音で始まるこの曲は好きで、多くのピアニストの演奏を聴いている。彼の舟歌はやや軽快に過ぎるように思えた。やはりと勝手な納得をして、すぐに最新のCDに移った。

リストの愛の夢を選んだ。柔らかな音色の出だしの6度の二音に僕は引き込まれてしまった。柔らかく歌うメロディと、めりはりの利いた重音はなんて魅力的であることか。横のディスプレー棚には佐渡裕さんの寸評が展示されている。「若い辻井君が、僕の奨めでピアノに向かうと音楽の神が降臨して彼に乗り移ったようだ。僕は涙が止まらなかった。」と書かれている。僕は、次のCDに移った。ヴァン・クライバーン国際音楽コンクールでのライブCDには、生き生きとした躍動感にあふれるショパンが入っている。ずっと聞いていたい気持ちを抑え、今日はまず最新版のCDを持ってレジに向かった。

耳が聞こえなくなった音楽家には、例えば晩年のベートーベンがいる。彼の一生涯を縦断的に語る32のピアノソナタは、好き嫌いはあるだろうが、僕は晩年の6曲が好きである。中でも全ての束縛から脱した大作曲家の軽やかな天国的な境地の作品111の最後のソナタが大好きである。ベートーベンは晩年に聴覚異常になったのだ。梯君は生まれてすぐに、また辻井君は生まれながらに盲目である。ハンディの内容は違うがかれらが音を通じて感じる空間はどのようなものなのだろう。二人にとって音との親和さは計り知れないものがあるのだろう。

スポンサーサイト

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。