スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災  原発事故と我々にできること

原発事故の報道状況が変わってきているように感じてなりません。
今まで、状況説明をしても「ただちに影響はありません。」と結んでいた話が
原子力保安院のスポークスマンがむしろ明快に「非常に憂慮すべき状況だ。」
と結ばれるのです。この変化に恐ろしい事態が進んでいるのかと思ってしまう
のです。

符牒するように、環境市民さんから発信されている「東関東大震災」福島原発
事故から2週間。現状をどう理解すればいいのか。という放送がありました。
http://797podcast2.seesaa.net/article/193284740.html
もしくはラジオカフェホームページからユーストリームでも聞けます。
ここでは、京大原子炉実験所助教 小出裕章先生が驚くべき状況説明をされて
います。電源が準備でき冷却装置が改善されると思いきや、高濃度の放射能で
汚染された水が障害となっている。この水は冷却水であり、土壌や海に流れ汚
染を広めることになる。しかし、冷却水注水はやめられない。そうこうするう
ちに、破局的な結末(原子炉爆発?)が起こらないとは言えない。また、作業
員の被爆が限度に達しつつある。と言われるのです。現状でも、30㎞外でも
驚くほど高濃度の汚染地区が生じつつある。また、破局的結末では、20、3
0ではなく200、300㎞の距離の避難が必要で無人地区が生じてしまう。
しかし、人々が本当に住みなれた土地を離れ避難できるのだろうか、と言われ
ています。

このようなお話を聞くと、正直とほうに暮れてしまいます。
このような状況でどのような支援を私たちができるのかとも思ってしまいます。

京都府建築士会では、どのような支援が可能かを議論し、まずは被災を共有し
ようと考えました。原発は高度に専門的で専門家に任せるしかないのですが、
まずは被災地の建築士さんの声をお聞きしようとなったのです。

このようにして始まったのが「被災地で活躍する建築士の声」というラジオ
放送です。今日第一回の収録をしました。岩手県気仙地方の池田さんという
一級建築士の方です。津波が50mまで押し寄せてきたと言われる池田さん
は、被災地の重い状況を語られた後、大切なのは市民に対して、本当に小さ
なことからなんでも相談にのることだと言われました。水につかった床下や
壁をそのままに住んでよいのかとかなどに応えることで心のケアができる。
また、なんでも応えていきたいが、地元の建築士は大変な状況であり、行政
その他の支援が欲しいとも言われました。

聞けば、電気はまだの地域が多く、電話もダメで、1週間前にようやく携帯
電話が繋がるようになったのだと言われます。この携帯電話で、本日収録を
させていただきました。

先の原発の話は、辛く重い話です。今後、東北関東はもちろん我々も放射能
から身を守ることが必要になる可能性もあります。故郷を捨てなければなら
ない決断をする必要が起きるかもしれません。

しかし、そのことで身を竦ませては何も生まれません。
本当に小さいことからでも復興の手立てを進める時なのかもしれません。

また、少なくとも今は放射能の影響がほとんどない我々が日本の元気を示す
ときなのだとも思います。もちろん冷静な判断力と科学的な考えを持って。

今後、「被災地で活躍する建築士の声」の放送を続けて行こうと考えていま
す。 http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/ 
 注 実際のコミュニティ放送は4月2日 15:00からです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。